プロミスはローソンやセブンイレブンで借り入れと返済が可能

カードローンの会社を選ぶときは、審査基準や融資スピードも大切ですが、借り入れや返済の利便性も大切です。

発行されたカードを使って、どのATMで借り入れや返済をするのかで便利さが大きく変わってきます。

プロミスは、さすが消費者金融の最大手というだけあって、提携ATMの種類も豊富です。

ここでは、日常生活で馴染みの深い、コンビニATMでプロミスを利用する方法についてまとめまています。

【公式サイト】
プロミス

【審査詳細】
プロミス審査

プロミスはコンビニATMでも利用しやすい!

プロミスは借り入れ・返済ともにいろいろな手続方法に対応しています。詳しくは『プロミスATMの基礎情報~営業時間、使い方、手数料、引き出し限度額は?』を参照してください。

そのなかでも基本となるのは、やはりカードを使ってATMで入出金する方法です。

特に便利なのは、時間を気にせず借り入れや返済ができるコンビニATMです。

プロミスでは、ローソンやセブンイレブンなど、大手コンビニに設置されているATMが利用できます。

コンビニATMを活用すれば、自宅の近所、職場の近所で、時間も曜日も気にせず借り入れができて便利です。

ローソンATM

ローソン店舗内に設置されているローソンATMで、プロミスの借り入れと返済の取引ができます。

ローソンATMは、ほとんどのローソン店内に設置されていて、その数は全国で約1万2千ヶ所以上にもなります。

ATM手数料は、借り入れ・返済ともに以下のようになります。

・1万円以下 108円
・1万円超 216円

手数料の支払い方法は、次回に返済するときに入金した金額から差し引かれる仕組みになっています。

ローソンATMの営業時間は基本的に24時間営業ですが、午前3時~4時の間に15分間ほどメンテナンスが行われます。

土日祝日も営業していますので、休日のお出かけ先での借り入れも問題なくできます。

 

セブン銀行ATM

セブンイレブン店内に設置されているセブン銀行ATMでもプロミスの取引ができます。

こちらも手数料はローソンATMと同じで、1万円以下は108円、1万円超は216円です。

セブン銀行ATMはセブンイレブン店内のみでなく、イトーヨーカ堂をはじめとしたショッピングセンターや、駅や空港などにも設置されていますが、もちろんそういった場所のATMでもプロミスの取引ができます。

都市部ではオフィスビルや商業施設、地下街など、意外なところに設置されていますので、職場の近くなどにないか一度検索してみてもよいかもしれません。

セブン銀行ATMの利用時間は、0:10~23:50となっています。

つまり、日付が変わる前後の20分間だけは利用できませんが、それ以外は土日含めていつでも利用できます。

なお、月曜日のみ朝7時までメンテナンスのため利用できません。

 

コンビニでも1,000円単位の取引が可能

プロミスでは、コンビニATMでも借り入れ・返済ともに1,000円単位での取引ができます。

クレジットカードのキャッシングのように1万円単位ではありませんので、必要な金額だけ借り入れ・返済ができます。

 

コンビニATMは返済手続きも便利!

プロミスでは、セブンイレブンやローソンなどのコンビニATMを利用して、毎月の返済手続きもできます。

メリットはやはり24時間営業のため、時間や曜日にとらわれずいつでも返済ができることです。

月に1回の約定返済はもちろん、好きなときにコンビニから追加返済も可能です。

ATMからの返済は、銀行口座の明細に返済の振込み履歴を残したくない人におすすめです。

 

返済時の手数料

セブンイレブンやローソンなど、提携ATMから返済を行うと、下記の手数料が発生します。

・1万円以下 108円
・1万円超 216円

つまり、借り入れのときと同じ手数料が返済のときも発生するということです。

コンビニATMは便利ですが、借り入れと返済を繰り返すと、あっという間に手数料がかさんでしまうこともありますので注意しましょう。

 

ローソンならLoppiから返済すれば手数料無料に

ローソンをよく利用する人ならば、Loppi端末を利用して返済することもできます。

Loppi端末のメリットは、返済手数料が無料になることです。

Loppiからの返済の流れは次のようになります。

・端末を操作してプロミスの支払いを選択
・プロミスのカードをバーコードリーダーに通す
・暗証番号と返済金額を入力
・レジでお金を支払う

ATMと比べると少し手間はかかりますが、手数料を節約したいときにおすすめです。

1万円以下で急いでいるときはATMで、1万円を超える返済はLoppiで、と使い分けるのもよいでしょう。

コンビニのマルチメディア端末を使った返済は、ファミリーマートのFamiポートでも可能です。

 

借り入れ、返済ができるその他の提携ATM

身近にあるATMとして便利なのはやはり大手コンビニですが、プロミスにはそのほかにも提携ATMがたくさんあります。

自宅の近所、職場の近所など、行動範囲に便利なATMがないかどうか、一度確認してみましょう。

 

三井住友銀行は手数料無料!

提携金融機関のATMのうち、借り入れ・返済ともに手数料無料となるのが三井住友銀行のATMです。

プロミスは三井住友銀行のグループ会社なので、三井住友銀行ATMはプロミスATMと同じ条件で利用できます。

プロミスの店舗に入るのはちょっと抵抗を感じるという人でも、三井住友銀行のATMコーナーなら安心して利用できるのではないでしょうか?

全国展開の大手銀行で設置場所も多いため、外出のついでに三井住友銀行で返済すれば、手数料の節約になります。

 

ゆうちょ銀行も利用可能

プロミスの提携先金融機関として、ゆうちょ銀行のATMでも借り入れと返済ができます。

郵便局は、コンビニと同じように日本全国どこにでもありますので、自宅の近所か職場の近所どちらかにはあるはずです。

手数料はコンビニATMと同じで、1万円以下は108円、1万円超は216円です。

なお、ゆうちょ銀行ATMでプロミスの取引をするためには、プロミスのWeb明細に登録する必要があります。

Web明細とは、プロミスの利用明細を郵送ではなくインターネットで受け取ることができるサービスです。

このWeb明細ですが、初回30日間無利息サービスの適用条件の1つでもありますので、特にこだわりがなければ登録しておくようにしましょう。

 

イーネットATMも利用可能

コンビニATMとしてローソンATMとセブン銀行ATMを主にご紹介しましたが、ファミリーマートなどに設置されているイーネットATM(Enet ATM)も利用可能です。

手数料が1万円以下は108円、1万円超は216円となるところも同じです。

ファミリーマートにはFamiポートというマルチメディア端末がありますが、そちらでも返済ができます。

Famiポートを利用した返済は手数料が無料になります。

その他の提携金融機関

その他に、三菱東京UFJ銀行や横浜銀行など、10種類以上の銀行ATMでプロミスの借り入れや返済ができます。

銀行ATMで手数料が無料になるのは三井住友銀行のみで、それ以外の金融機関では1万円以下は108円、1万円超は216円のATM手数料が発生します。

 

まとめ:プロミスなら自分に合った提携ATMを選べる!

プロミスをコンビニで利用するには、ローソンATM、セブン銀行ATM、イーネットATMで借り入れ・返済の手続きができます。

大手コンビニはひととおりカバーしていますので、自宅の近所から時間帯や曜日を気にせずに入出金ができます。

提携金融機関も豊富で、グループ会社の三井住友銀行は手数料無料で取引ができます。

ゆうちょ銀行も利用できますので、日本全国どこで利用しても、ATMがなくて困るということはないはずです。

立地条件などの利便性と手数料などを考えて、便利なATMを探してみましょう。

【公式サイト】
プロミス

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る