プロミスの上限まで借り入れしたらどうする?

プロミスに契約したはいいが、知らないうちに借入上限額に達して借り入れができなくなったという方は少なくないでしょう。

そんな時、あなたならどうします?

借り入れできないと諦めて返済に務めようと考えるかもしれませんし、さらに借り入れできないものかと様々な策を練るかもしれません。

一体どちらがいい方法なのでしょうか?

ほんの少し前のことですが自己破産者が多数出たことで銀行カードローンがニュースを騒がせました。

計画性のない借り入れは返済不能となる一番の原因となりますし、何かで規制しないことには銀行カードローンの件のように債務整理という最悪な状況に追い込まれることにもなりかねません。

よって、上限枠まで借り入れした際には、借り入れ枠ができるまで返済だけに務めるのが一番リスクのない最善策と言えます。

しかし、まだまだ返済できる余裕はある、借り入れする必要がるんだという方がいることは確かです。

設定された借入限度額が必ずしも年収に見合ったものとは言えないからです。

そこで今回は借入額が上限に達した場合、どうするのが最善の方法なのかについて詳しく説明していきたいと思います。

【公式サイト】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

初回の借入限度額設定はリスク回避のためのバロメーター

もう少し借入限度額を上げてくれればいいのに。

審査に通って契約はできたものの、プロミスが設定した借入限度額に満足いかない方は多いのでは?

しかし、この設定された借入限度額はプロミス、契約者双方に1番リスクがないと判断された適切な額面なのです。

まずはこの点をよく理解しておかなければ、利用者が上限金額に達した場合の最善の対応策を見誤ることになってしまいます。

初回限度額設定は申込者の信用度を図る目的が!

プロミスは貸し付けして利息を得ることで利益を上げています。

よって、プロミスとしてはできるだけ多くの額面を借り入れしてもらい、多くの利息を得たいと考えています。

では何故、利用者が満足いかない借入限度額が設定されることが多いのでしょうか?

それは返済不能に陥ることを避けるためです。

借入限度額は審査によって決定されます(参照:プロミス審査)。

つまり、利用者が申込時に返済可能な適正価格だと判断されたものが、借入上限額として設定されるのです。

また初回借入時はプロミスに対する信用度も決して高いものではありません。

申込者の信用度は全て提出された申請書面と信用情報で判断するしかありません。

【関連記事】
個人信用情報とカードローンン審査について

しかも過去にプロミスとの取引もなければ、きちんと返済してくれる信頼できる人なのかを完全に把握しきれていないのです。

よって、通常なら50万円の借入限度額設定をしてもいい評価だとしても、初回様子見ということで30万円以下に抑えられるケースが大半です。

以上のように初回の借入限度額設定は申込者の信用度を図るための一種のバロメーターとも言えるでしょう。

関連記事
カードローンの借り入れ額の決め方

信用が上がれば借入限度額の増額も可能!

初回の借入限度額が申込者の信用度を計るためのバロメーターであるならば、信用さえつけば借入限度額の増額は可能なのでしょうか?

答えはYESです。

申込後に定期的な借り入れと、遅延や延滞のない返済を行っていれば、プロミスの利用者に対する信用度は高くなります。

そうなればプロミスから増額の打診が入りますし、利用者から増額申込することも可能です。

これは借入額にかかわらず、きちんと遅延なく返済できているのかが重要なポイントとなってきます。

【関連記事】
プロミスの限度額を上げたい!増額審査のポイント

借入限度額いっぱいまで借りてはいるが、毎月の返済は確実に行われている方と、そうでない方ではプロミスの持つ印象はどうでしょう?

確実に返済されていればまだ借入限度額を増額しても返済可能なだけの信用があると判断されるでしょう。

そうでなければ今でさえ返済が遅れることがあるのに増額などしようものなら遅延どころか延滞、最悪、返済不能となってしまう恐れがあると判断されてしまいます。

よって、限度枠いっぱいまで借り入れした利用者がまず考えなければならないのは、自分がどちらのタイプに当たるのかという点です。

これによって、返済に務めた方がいいのか、まだ他に借り入れできる方法を探せばいいのかのどちらかに分類されることになります。

限度額いっぱいまで借り入れした際の対処法は?

先ほど申しましたようにプロミスの借り入れが限度額いっぱいになった際の対応策は下記のどちらかです。

・限度枠が空くまで返済に務める
・追加借り入れの方法を探る

そこでここではこれら対応策について説明していきながら、どのような方に向いているのかを検証していきたいのですが、これらお話する内容をスムーズに理解してもらうためにも、双方に関わるキーポイントとも言える総量規制という法律について説明していきましょう。

 

プロミスの借り入れには総量規制が大きく関係してくる!

カードローンは申し込みが簡単で、契約さえできれば限度枠内で何度でも借り入れが可能です。

またカードローン利用は1社とは限りませんから、複数社と契約することも可能です。

カードローン3社と契約しており、各社の利用限度額が50万円だったとしましょう。

とすればこの人は最大でいつでも150万円の借り入れをすることができるのです。

50万円の借り入れをプロミスで行った場合、毎月の最低返済額は12,650円となりますから、各社金利は違いますが50万円の借り入れが3件あるとすれば、毎月の返済は単純計算で37,950円となります。

これならばまだ返済可能という方もいることでしょう。

しかし、借入件数が5件だったらどうでしょう?

返済額は毎月63,250円となり、決して返済が楽と言えるような金額ではありませんよね。

このような収入に見合わない返済を抱えると借金が生活を圧迫することとなり、次第に遅延や延滞を引き起こすことになります。

そして返済するために新規からの借り入れを繰り返し、借金はまた更に膨れ上がってしまうのです。

そうなると返済不能状態となり、最終手段として自己破産等の債務整理に頼るしかなくなってしまいます。

「そんな馬鹿な借金なんてするものか!」

そう言われる方も多いでしょう。

しかし、複数者からの借り入れを繰り返し多重債務者となり、最終的に自己破産した方は驚くほど多いのです。

 

①多くの自己破産者を生み出した理由は過剰貸付

自己破産者は1990年代前半のバブル崩壊後から徐々に増加し、2003年にピークに達しました。

2003年の自己破産者は25万人を超え、その自己破産理由は下記のように金融業者からの返済不能となる借入原因が上位を占めています。

(自己破産の理由)
1.生活苦、低所得      26.39%
2.負債の返済        11.68%

2位の「負債の返済」はもとより、1位の「生活苦、低所得」も借り入れをして返済できなくなっています。

ここで1つ疑問が出てきます。

だいたい何で生活苦や低所得といった返済能力が低い人に、自己破産しなければならないほどの貸付をしたのかという点です。

今は厳正な審査がおこなわれ、収入に見合った借り入れしかできません。

それを思えばこんな事態は想像できませんよね。

しかし、当時は今のように貸金業者に貸付額を規制する法律が準備されていなかったのです。

しかも当時の貸金業者は現在の利息上限である20%を大きく上回る29.2%もの高金利での貸し付けが違法とされていなかったため、たとえ返済不能となってもこの高額な利息で利益を得ることができました。

よって、返済能力が低いと判断されるような方にも貸し付けを行い、多重債務者への貸し付けもお構いなしだったのです。

そしてこの過剰貸付を率先して行ったのが、当時TVCM等で知名度を上げつつあったキャッシングという金融商品を販売していた消費者金融でした。

 

②総量規制の誕生は過剰貸付抑止のため!

この状態を重く見た政府は消費者金融の過剰貸付を抑止すべく、貸金業法の改正に乗り出しました。

そして2006年に貸金業者に対する個人への貸付等を規制した法律である「総量規制」が成立し、その後段階的に施行が繰り返され2010年6月18日に完全施行されました。

この総量規制で貸金業者が貸付規制された内容は下記のとおりです。

「貸金業者は個人の年収3分の1を超える貸し付けを行ってはならない」

この総量規制によって、プロミスをはじめとする消費者金融である貸金業者は、個人への貸し付けに法律で規制をかけられることになったのです。

 

限度枠が空くまで返済に務める

それでは総量規制についてよく理解してもらったところで、本題の対策法について説明していきましょう。

まずは限度枠が空くまで返済に務めた方がいい場合です。

この方法が最善策となるのは下記の方です。

・借入上限額が総量規制いっぱいの設定である
・毎月の返済に困っている

①借入上限額が総量規制いっぱい

プロミスは貸金業に当たるため総量規制を遵守した貸し付けを行わなければなりません。

よってまず確認しなければならないのは、現在の借入上限額と総量規制の関係です。

プロミスは希望の借入上限額を申し出ない場合、一般の会社員で初回設定は30万円~50万円といったところが妥当な額でしょう。

よほど審査内容が良ければ50万円、通常で30万円、審査内容が悪ければ10万円~20万円と審査結果に応じた借入限度額が設定されます。

よって、初回申し込みから借入限度額の変更を行っていない方で、年収が総量規制の150万円を超える方ならば追加融資を検討してみるのもいいでしょう。

しかし、現状の設定額が年収の3分の1である150万円に当たるのであれば、プロミスの追加融資だけでなく、ほかの消費者金融カードローンに申し込んでも新規融資は受けられません。

まずは総量規制に対して自分の年収がいくらであるのかを確認することが必要となってきます。

②毎月の返済に困っている

現状の借入限度額が総量規制を上回っているかどうかは、返済に務めるか、追加借入の方法を探るのかを判断する最初のバロメーターとなります。

しかし、次に考えてもらいたいのが現状の毎月返済が生活を圧迫していないかどうかです。

借入限度額が総量規制に達していようといまいと、現在の返済額が負担に感じるのであれば、これ以上の追加借入はおススメできません。

特に遅延や延滞をしたことがある方なら尚更です。

生活を営んでいれば一時的にほかの支出が増え、毎月の返済が苦しくなることもあるでしょう。

しかし、その状態が継続するのであれば、現状の借り入れが収入に見合ったものではないと判断できます。

この状態でさらなる借り入れをすれば遅延や延滞の回数は多くなり、信用情報を傷つけることになるだけではなく、返済不能に陥る原因となることも考えられます(信用情報とは?)。

これは収入の大きさは関係ありません。

収入がいくらであろうと、支出は個人の生活レベルによって変わってきます。

よって、現在の返済が苦しいと感じるのであれば、今は追加借入など検討せずに返済に務めることをおススメします。

 

追加借入の方法を探る

総量規制を上回る年収があり、毎月の返済にも全く負担を感じないというなら、追加借入の方法を探るのもいいでしょう。

追加借入の方法は下記のとおりです。

・プロミスで借入限度額の増額をする
・新規借入を申し込む

①プロミスで借入限度額の増額をする

プロミスの増額については先程説明していますので、ここではその申込方法とその流れについて簡単に説明しておきましょう。

プロミスで借入限度額を増額するには、下記2つの方法があります。

・プロミスからの増額案内
・利用者からの増額申請

プロミスの増額で心得ておいて欲しいのが、必ず増額審査が行われるという点です。

プロミスから増額案内があるのだから審査はないだろうと思われる方が多いのですが、双方とも必ず審査は行われるので、この点はよく理解しておきましょう。

また希望借入額が50万円を超える場合、増額で他社借入との借入総額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必須となります。

スムーズな申し込みのためにも、前もって用意しておきましょう。

 

・プロミスからの増額案内

プロミスから増額案内がある場合にはプロミスが増額候補として行っての条件をクリアした方になるため、審査は行われますが厳しい審査とはなりません。

申し込み時の申請との変更がないかの確認となるため、短時間で結果が出るでしょう。

その手続きと流れは下記のとおりです。

1.プロミスからの増額案内に承諾する
2.利用者の住所、勤務先、年収等に変更がないかの確認
3.審査
4.合否結果と変更後の借入限度額の連絡

このケースでは審査落ちすることは稀ですが、勤務先や年収に大きな変化がある場合、審査NGとなることもあるので理解しておきましょう。

 

・利用者からの増額申請

この場合は利用者から増額申請が必要になりますが、下記の方法で申し込みできます。

・プロミス公式HP、またはアプリから申し込む
・プロミスコールに申し込む
・お客様サービスプラザで申し込む

プロミスコール(9時~21時)、お客様サービスプラザ(10:00~18:00※店舗により営業時間、休日が異なります。)の場合は申込時間が決まっていますが、インターネットからだと24時間365日の申し込みが可能です。

流れは下記のとおりで、審査受付時間(9時~18時)であれば当日の回答も可能です。

1.会員サービスにログインする
2.画面の「希望限度額変更申込」をクリック
3.画面から「限度額申込」をクリック
4.希望限度額等の必要事項を記入して申請
5.審査
6.合否結果と変更後の借入限度額の連絡

②新規借入を申し込む

またプロミスの増額以外の追加借入方法は下記のとおりです。

・ほかの消費者金融カードローンへ申し込む
・銀行カードローンへ申し込む

プロミス以外へ申し込む際には、新たに受けられるメリットがなければ意味がありません。

新規申し込みするよりも、増額審査を受けた方が断然簡単な手続きで済むからです。

そこでここではプロミスの増額以外の方法に、どのようなメリットがあるのかを説明していきましょう。

・ほかの消費者金融カードローンへ申し込む

ほかの消費者金融カードローンへ申込む際のメリットは下記のとおりです。

・無利息期間などのメリットの高いサービスが受けられる
・増額よりも大きい借り入れが可能

借入先を変える際に1番重要なのは金利が低くなるかどうかですが、同じ消費者金融場合はそれは望めません。

借入先を消費者金融とするのであれば、最も得意とする独自サービスに何があるかでしょう。

消費者金融カードローンは様々なサービスを提供していますが、最も利用者にとってメリットの高いのが無利息サービスです。

よってまずは無利息期間のサービスを行っているアコム、アイフルといった消費者金融の選択がおススメでしょう。

またプロミスの増額はいくらとなるかわかりませんが、プロミス以外の借り入れを行っていないのであれば、増額よりも多くの新規借入をできる可能性は高いと考えられます。

・銀行カードローンへ申し込む

銀行カードローンへ申込む際のメリットは下記のとおりです。

・現状より低金利での借り入れが可能
・総量規制にとらわれない借り入れが可能

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利です。

現状のプロミスよりも確実に低金利で借り入れすることができます。

また総量規制によって消費者金融カードローンの借り入れができない方も、銀行カードローンなら借入可能です。

収入に見合わない借り入れは返済不能となる一番の原因となるのでおススメできませんが、高額な年収の方の場合には総量規制が借入額の足かせとなります。

年収150万円の方が50万円借り入れるのと、年収900万円の方が300万円借り入れるのでは、余力に大きな差が出てきます。

先ほど申しましたように生活レベルによって年収は関係なくなってしまいますが、堅実な生活をしている方なら十分な余力があると考えられます。

 

なお、当記事は2017年9月時点での事実を元に書いています。

銀行カードローンに対して総量規制のような規制が今後入ってくる可能性もありますから、銀行カードローンを利用する際には必ずそのあたりのことを確認してください。

関連記事
総量規制など銀行カードローンの自主規制

 

その他プロミス関連情報

【公式サイト】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る