プロミスの一次審査と二次審査の内容と準備

プロミスの審査は申込みから最短30分と大変素早く審査結果が出ます。

これから申込みをしようか検討している人は、どのような審査が行われているか気になりますよね。

プロミスの審査の流れは、一次審査と二次審査に分かれています。

それぞれどんなところを見られていて、どんな準備をしておけばよいか確認しておきましょう。

【公式サイト】
プロミス

 

一次審査はシステムによる自動審査

プロミスの一次審査では、審査システムによる自動的な機械審査が行われます。

プロミスは消費者金融の中で最大手の会社ですので、公式サイトや自動契約機から、常時たくさんの申込みがあります。

大量の申込みの全てを審査担当者がひとつひとつ処理していると時間がかかってしまい、最短30分の審査が実現できなくなってしまいます。

そこで、最初の一次審査では、システムによる自動的な審査が行われています。

まず不正な申込みや明らかに返済能力のない人からの申込み、貸付け条件を満たさない人からの申込みを素早く不合格として、貸付けできる見込みがある人のみを二次審査にかけるという仕組みになっています。

一次審査は、プロミスの公式サイトから申込み手続きを開始して、パソコンの画面から入力した情報を送信するとすぐに開始されます。

入力した個人情報をもとに、プロミスの利用条件を満たしているかどうかをシステムが判断して、自動的に結果を出します。

 

一次審査ではどんなところを見られている?

一次審査はいわば仮審査ですが、不正な申込みでないかという基本的なことはもちろん、信用情報を始めとした返済能力までしっかりとチェックされます。

一次審査で見られているポイントは主に次のような項目です。

・不正な申込みではないか
・貸付け条件を満たすか
・返済能力はあるか

不正な申込みとは、名前や住所がデタラメであったり、過去にプロミスを利用して契約通り返済できなかった人などです。

貸付け条件や返済能力は、例えば最低限の年収があるか、他社利用額が多すぎないか、総量規制は問題ないか、過去にローンの滞納や債務整理がないかなど属性に基づく審査になります。

プロミス以外のローン商品の利用履歴についても、信用情報機関の情報をもとに一次審査の段階でしっかりと確認されています。

 

一次審査で落ちるのはどんなとき?

一次審査で落ちてしまうのは、次のような場合です。

・信用情報に問題がある
・総量規制に抵触する
・過去にプロミスを利用して問題があった

信用情報機関の情報もチェックされますので、現在他社を何社利用していて、いくら借りているかということも加味されます。

年収に対して現状の借入れ額が大きすぎると、プロミスでの新たな借入れはできないと判断される可能性があります。

また、貸金業者からの無担保ローンの借入れは、年収の3分の1までに制限されるという、総量規制のルールに抵触しないかどうかも自動的にチェックされます。

さらに、プロミスの社内データベースで、過去に利用して問題があった人だと判明すると、当然一次審査に通過することはできません。

 

一次審査の結果連絡

プロミスの審査では、一次審査の結果はメールで通知されます。

残念ながら審査落ちしたときも、不合格という連絡がメールで届きます。

一次審査は機械が自動的に行っていますので、あまり時間はかからず、通常は申込みから30分以内で連絡が入ります。

一次審査に合格すれば書類提出をして二次審査が始まります。

貸付条件を満たしているか?返済能力はあるか?という重要なポイントは一次審査でチェックされますので、一次審査に合格できれば、プロミスでお金を借りられる可能性が高いと考えられます。

 

一次審査の注意点

プロミスの一次審査の注意点としては、やはり申込情報を正確に入力するということが大切です。

名前や住所などの漢字の変換を正しく行い、会社の名称などは正式名称で正確に入力しましょう。

間違った情報を入力しても一次審査では引っかからず通りますが、二次審査の段階で提出書類とあわせて確認され、間違いを指摘されるということもあります。

他社利用件数や借入れ額も、信用情報機関の情報と食い違いが出ないように、明細書などで調べて正確な数字を記入してください。

 

二次審査は書類提出後に行われる本審査

一次審査を無事通過すると、すぐに二次審査が始まります。

一次審査はいわば仮審査ということになりますが、それに対して二次審査は本審査ということになります。

システムによる自動的な審査で貸付け可能と判断された人を、今度は審査担当者による人の手を使って最終的な審査が行われます。

二次審査では提出書類の確認が行われ、勤務先の在籍確認した上で最終的な合否と限度額が決定されます。

 

二次審査の流れ

一次審査の結果通知後に本人確認書類の画像をアップロードして送信しますが、提出書類が受理されるとすぐに二次審査が始まります。

まず申込み情報と提出した書類を照合して、間違いないかの確認が行われます。

パソコンでの情報入力は全て自己申告ですので、虚偽の申告をしようと思えばできてしまいます。

そこで、運転免許証など公的な身分証明書で、不正な申込みでないかどうかを確認されるということです。

また、プロミスでの借入れ希望が50万円を超える場合は収入証明書を提出しますが、こちらも審査担当者の目で本当に必要な収入が得られているのか確認されます。

さらに、申込みのときに申告した勤務先で本当に働いているかどうかの在籍確認が行われます(カードローンの在籍確認)。

本人確認書類と在籍確認で申込み情報に偽りがないことが確認できれば、限度額が決定されて契約手続きを行うことになります。

 

二次審査で落ちるのはどんなとき?

一次審査には通ったのに、二次審査で落ちてしまうときは、次のような理由が考えられます。

・申込み情報に虚偽の申告があった場合
・在籍確認がとれなかった

一次審査はネットから入力した情報をもとに自動的に行われますが、年収や勤務先などは事実と違う申告をしても通ってしまいます。

しかし、システムの自動審査に通過してもすぐにお金が借りられるわけではなく、提出書類をもとにした二次審査でしっかりチェックされます。

また、勤務先で実際に働いているかどうか在籍確認が行われますが、勤務している事実が確認できなければ審査落ちになってしまいます。

 

二次審査の注意点

二次審査で行われる審査項目のうち、気をつけたいのが在籍確認です。

プロミスでは書面による在籍確認は行っていませんので、勤務先に電話連絡が入ることになります。

本当は働いていない無職の人が嘘の申告をして申込みをするといった不正を防ぐためでもありますので、こればかりは仕方ないですよね。

そのときの会社の状況によってはすぐに在籍確認ができない可能性もあり、審査結果が出るまでに時間がかかることもありますので注意してください。

会社で自分が電話に出られれば一番よいですが、席を外しているときや休みの日に在籍確認が行われることも多いです。

会社で誰も電話に出られない曜日や時間帯があるなら、プロミスのオペレーターにそのことを伝えてスムーズに確認が進むようにしておきましょう。

 

まとめ:審査の流れを事前に確認してから申込むとスムーズに手続きできる

プロミスの審査は一次審査と二次審査がありますが、両方合計で最短30分で完了します。

申込みする側としては、一連の流れになっていますので、一次と二次の違いはそこまで気にする必要はありません。

しかし、審査の流れが事前に分かっていると、申込みの手続きもスムーズに進みますし、確認の電話にも落ち着いて対応できるようになります。

急いでいるときや即日融資を利用したいときには、一次審査と二次審査の違いも含めて確認しておくと、安心して手続きができるはずです。

なお、もっと網羅的な審査情報はこちらにまとめています。
プロミス借り入れ審査の要点解説【最短即日融資・土日融資・在籍確認etc】

 

【公式サイト】
プロミス

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る