ギャンブルにハマって金欠に。こんな自分でも借りれるカードローンがあった

ギャンブルというかパチスロにはまってしまい、クレジットカードのキャッシングに手を出してしまいました。カード3枚で合計借入額は90万円です。何とか取り返そうと熱くなり、気が付いたら借金が100万円近くまで来ていたという感じです。このままではヤバイと思い、パチスロとは手を切りましたが、借金の返済だけが残りました。

借り入れをしたときは、とにかくすぐに借入したかったので、手っ取り早くクレジットカードで利用しましたが、よくよく見るとサラ金並みのかなりの高金利です。そこで、もっと低金利のカードローンで一本化できないかと考え、銀行系のカードローンであれば、その要求を満たしてくれそうだと感じました。

銀行系と言ってもさまざまですが、なかでも三菱UFJ銀行カードローンに興味を持ちました。メインバンクとして利用していたということもありましたが、金利が低く、即日融資にも対応するほど契約も短期間でできそうでした。銀行系ということで、審査については不安でしたが、保証会社のアコムが審査をしているということで、申込んでみることにしました。

三菱UFJ銀行カードローンは、低金利もさることながら利用者の利便性もかなり重視しています。これは、グループ傘下にいれた消費者金融アコムの影響が強いと思われます。アコムのノウハウを取り入れることで、即日融資、テレビ窓口、審査時間の短縮化、web申込みなどを可能にしています。

私の場合、1日でも早く融資を受けて金利負担を軽くしたかったので、申込みは即日融資も可能なテレビ窓口で行いました。このテレビ窓口は、三菱UFJ銀行の本支店内に設置してあり、カードローンのほか海外送金やキャッシュカードの再発行なども行っており、人目を気にする必要はありません。

テレビ窓口まで出向き、必要事項を入力すると30分ほどで審査がおりました。その後、身分証明書として運転免許証を提示し、その場でカードが取得できました。利用限度額は90万円で、金利負担はこれまでの半分くらいになります。早速、三菱UFJ銀行のATMで90万円を借入れ、同時にクレジットカードの残金をすべて一括で支払いました。
返済は、口座を持っているため口座引き落としサービスを利用しています。また、繰り上げ返済が、三菱UFJ銀行のATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、E-netを利用することで、手数料無料でできます。これは大変便利です。次のボーナスでは、まとめて返済したいと思いました。

ギャンブルで作った借金ということで本来なら審査も怪しいところでしたが、カードローンの場合は資金使途は自由であることが大半なので生活費ということにして審査を申し込みました。最初は、こんな自分でも融資を受けることが可能かどうか心配でしたが、以外と言っていいほど簡単にカードを契約することができました。

三菱UFJ銀行カードローンといえば、お堅い銀行で審査が厳しく、契約まで時間がかかると考えていましたが、これについては、いい意味で期待を裏切られました。何といっても低金利なのが有難いです。また、返済日の3日前にはメールで返済の連絡をくれたりとソフト面も充実しています。
結局、借入れた90万円については、毎月の支払いと2回のボーナスからの繰り上げ返済で無事に完済することができました。早期に返済できたため、クレジットカードのキャッシングをそのまま利用していた場合と比べると、支払総額を相当減少することができました。今後の利用については今のところ未定ですが、給料日前やボーナス前の金銭的に厳しい時などに確実に短期で返済できる場合にのみ、借り入れを検討したいと考えています。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る