カードローンの金利をできるだけ低く抑えるポイント

金利を抑えるために必要なこと

キャッシングは有利子な借入です。利子(利息)を払ってお金を借りる。つまり利子と言うコストを支払って未来のお金を手に入れることです。ですから最も考えるべきことは、将来、つまり利子を支払って先延べした未来なら借入したお金を返済することが出来るのかと言うことです。もちろん貸してくれる金融業者も返済力があるかどうか審査して大丈夫だと思ったから貸してくれるのですが、本当に大丈夫かどうかは自分自身で冷静に慎重に考えることが必要でしょう。そして必要なお金だから借りると言うのではなく、返済可能だから借りるという視点を常にもっていることが大事です。そうすれば無駄な利子を支払うことも減らせるわけです。

さて実際に金利を抑えるためには出来るだけ安い金利で借りると言うことと、出来るだけ借りているお金を少なくするという二つの視点があります。低金利がいいのは言うまでもないことですが、低金利のキャッシングは審査が厳しいのが基本です。ですからまずどこで借りるか考えるときに自分の借入できそうな一番厳しいところから申し込んでみるのが一つの方法です。審査が厳しく低金利のところです。それで無理だったら他を探すと言うようにして積極的に低金利を探すことが重要です。

また、あまり一度に多く申し込まないように注意しましょう一度の申し込むと審査が通りません。

借り入れ後の金利を少なくする工夫ですが、これは手元に現金を置かないで全部カードローンの返済に回し、本当に必要なお金だけカードローンからの借入で使うようにすれば借入しているお金を最小限に済ませれますので、かなり金利は少なくなるはずです。収入があったらまず全部一旦返済するといいでしょう。しかしこれをしているときに何らかのトラブルがあって貸出を止められると大変なことになりますので、絶対に延滞などしないことが重要な条件になります。

融資先のチェックポイント

今のカードローンの仕組みだと、銀行でも消費者金融でもクレジットカードでも常に自社だけなく他社の借入をチェックしているので、複数の借入先を作ることで大きな金額を借入できるということは基本的にありません。

実際には一斉に審査申し込みをすることで必要以上の借入をすることも可能かも知れませんが、それは裏技のようなもので、自分の信用度を落としてしまいます。

こういうわけですので、基本的にどこか一社にまとめて利用するのが有利です。特に100万円以上のカードローンを考えている場合なら、消費者金融では総量規制のためになかなか貸してくれませんから、銀行のキャッシング(カードローン)になります。銀行の場合には総量規制のような法律による上限はありませんから、出来る限り一社にまとめる方が信用上も有利で借入しやすいですし、利息制限法の関係などもあり金利も安くなります。

将来的に大きな借り入れになりそうならそれに対応してくれそうな銀行を選んで最初から利用することが最も注意すべきことと言えるでしょう。給与振込みなどに使っている銀行があればそれが有利であるといえます。地方の信用金庫など一見地味な銀行が案外親身になって融資してくれますし、そう言うところでは給与振込みや公共料金の引き落としに使っていることが大きく評価されますので、ぜひそうしてください。

中小の銀行は案外金利も安いところがあり、実際には中々適用されない最低金利ではなく実際的な最高金利が低く設定されているところを探すとそういう中小銀行に有利なところがあったりします。

またそれに対して100万円以下更に50万円以下のキャッシングの場合は、どこで借りてもあまり金利が違いません。金額も少ないのでそれ程こだわるよりも手軽に利用できるところが良いでしょう。例えば手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が既に50万円設定されているところはありませんか。そこがおすすめです。返済は出来る限り前倒して返済することだけがコツと言えるでしょう。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る