カードローンの審査に通るためのポイント

審査の手順

カードローンでキャッシングを利用する場合は、必ず審査というものが行われます。

まず、キャッシングを利用したいと思った場合は申し込みをしなければなりません。申し込み方法には、パソコンやスマートフォンなどを使ったインターネットによる方法、自動契約機、金融機関の店頭窓口の3つがあり、申し込みを行うとすぐに仮審査が行われます。仮審査によって、問題がないとなれば通過となり本審査に移ります。審査は、金融機関が申込者は信用があるからお金を貸しても安心な人物だと判断すれば、ローンカードが発行されて、キャッシングサービスが利用できるようになります。

仮審査は、自動契約機やホームページから年収や生年月日などの簡単な情報を入力するだけで、お金を貸しても安全な人物なのかを判断します。金融機関が、申込者を人物像ではなく数値上だけで融資可能か判断するもので、インターネットから申し込めば多くの場合は即日中に結果がわかります。

本審査になると、氏名や住所、勤務先などの個人情報を記入し、免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明証や年収を証明する源泉徴収票などを提示しなければなりませんし、他社での借入額、借入件数、時期も正直に申告しなければなりません。本審査は、金融機関側が人間の手によって自宅や勤務先に在籍しているか電話をかけたり、記入された住所が実在しているか、提出された身分証明書は本物か、申込書に嘘が書かれていないかを確認するため、場合によっては時間がかかることもあります。さらに、信用情報機関に信用情報を照会して滞納や延滞がないか、源泉徴収票などで年収に偽りがないか調べられます。

会社や自宅の在籍確認の連絡は、個人名や別の会社名で連絡するなどの配慮を、金融機関からの電話とわからないように行ってくれます。家族に内緒でカードローンを利用したい場合など、知られることはないので安心です。

審査に引っかかりやすい点とは

カードローン審査は、お金を融資する金融機関が申込者に返済能力があるか、信頼できるのかを判断する基準です。お金を借りても、返せなければ金融機関側は貸し倒れになってしまい、営業に支障をきたしてしまいます。

一般的に、カードローンは安定した収入が長期的にない場合は利用することはできません。また、正社員であっても入社して間ももない、勤続年数が1年以上ないと原則、利用は難しくなります。逆に言えば、転職経験が何度かあったとしても、現在の勤務会社に1年以上勤めていれば利用できる可能性が高まるのです。

さらにカードローンの審査は、申込者の債務状況が大きく影響します。債務というのはいわゆる借金のことを指します。他社からの借入が複数ある場合は審査に通ることが少ないようです。他社の債務を返済するためにカードローンを利用する、と金融機関側は考えてしまうためです。他社の返済のためにカードローンを利用すると自転車操業状態に陥り、多重債務者にならないとも限りません。そうなると契約者に経済的、精神的負担がかかりますし、金融機関側も貸し倒れという最悪のパターンになるリスクが高まります。そうならないように、収入に比して借入額が多い人は審査を落とすのです。ちなみに、消費者金融などの貸金業者には総量規制という規制がかけられています(銀行は対象外)。総量規制とは、年収の3分の1以上貸してはならないと定めた法律で、利用者の多重債務や金融機関側の貸し倒れを防ぐために規制されているものです。ただ、年収が高い、職業が安定している、長期の確実な返済履歴があれば、審査に通ることがあります。要は返済力があるかどうかが重要なわけです。多少借金していても、返済状況や今後の見通しが問題なければ審査は通ります。

さらに、申込者に延滞や遅延、債務整理や自己破産を行った記録があると審査は通りません。これらの情報は信用情報機関で共有され、金融機関側は照会することで事実がわかります。債務整理や自己破産をしていると事故情報ありとしてカードローン審査に通ることはできません。

しかし債務整理が終わって6~7年以上経過している、負債に関して延滞もなく返済したという信頼できる実績があり、期間を空けて申込をすればカードローン審査に通るようになることが多いようです。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る