カードローンの借り入れ額の決め方~総量規制と金利

カードローンと総量規制

消費者金融や銀行でカードローンを申込むと、審査がありその基準に達していれば借り入れができることになります。まずは安定した収入があることが基本となっていて、毎月返済に困って延滞をしてしまうことがないように借り入れたり、貸したりすることが大切です。

かつては消費者金融では無理な貸し出しをしてしかも高い利息を付けていたために借金に追われて一家心中をするという悲しい結果になってしまう人もいたのです。
また一家心中とまでいかなくても借金の返済ができなくて借金取りに追われ、夜逃げをして家を失ったり、破産宣告をするという人も少なくありませんでした。
そんな悲しいことにならないためにも、消費者金融など貸金業に対して貸金業法という法律が定められていて、利息の制限をしたり、貸す金額を定めたりしています。
貸金業法の総量規制という規制が貸す金額を定めているもので、借り入れを申し出る人の年収と照らし合わせ、その年収の3分の1までの額が借り入れ限度額と定められています。
年収の3分の1までの額なら生活苦になるほど返済に困ることはないのではという見解からなのか、そのように決まっています。したがって、現行法律下では年収が少ないのに多額の借金を抱えこむということには原則ならないはずです。

カードローンで貸し付けている金融会社にとっても、総量規制で上限が決められているので、その額までしか貸し出せないことできちんと返済をしてもらえるというものなので、総量規制が定められたことは借りる側にとっても貸す側にとってもありがたい法律だということになっています。
ただし、総量規制は消費者金融などの貸金業が対象なので、貸金業には当てはまらない銀行のカードローンは対象外です。少し無理をしてももう少しお金を貸してほしいという場合には銀行のカードローンに申込みをしてみるという選択肢もありえます。もっとも、銀行の限度額は銀行独自で決められていますので、年収の3分の1かどうかに関係はありませんが借入審査自体は相応に厳しいものであると思っておいた方が良いでしょう。

カードローンと下限金利

言うまでもありませんが無理な借金はしないようにすることが大切です。
総量規制のほかにもカードローンは金融機関によって金利が決められています。
返済をするときには借り入れた額に決められた金利がついて返済額が決められます。
金利には上限と下限があり、どのカードローン会社も「4%~14%」などという金利が示されています。
この金利にも利息制限法という法律があって最高20%までと決まっているのでそれ以上にはならないのですが、金利をしっかり見極めておくことも大切です。
「4%から」だから金利が低くて返済できると思って借り入れてみると上限の14%の金利がついてしまうことがよくあるので、金利に関しては事前に調べておくことが大切です。

この金利は借り入れる額によって変わってくるといわれています。借り入れる額が少ないほど、金利は高くなり借入額が多いほど金利は低く設定されます。そのため、いくら借りたら金利は何パーセントになるのかということは、銀行や消費者金融のホームページなどであらかじめ調べておくことが必要です。下限金利が安いからといってもその金利水準で設定するには借入額が高額でなくてはなりません。多くのカードローンの場合は、10万円や20万円の借り入れなら最高の金利がつくことになるでしょう。

つまり、10万円や20万円の借り入れの場合には各カードローンの金利を比較して上限金利が低いところを選ぶようにすることが重要です。消費者金融の場合は18%前後、銀行の場合なら14%前後が一般的ですのでそれよりも高い上限金利だったら返済額がどの程度になるのかといったことまで検討しておくことをおすすめします。

カードローンを申し込む時は急にお金が必要になる場合が多く、ゆっくりといろいろな金融会社を比較したりする時間がないことが多いのですが、借り入れができる条件や限度額、金利などについては日ごろから調べて研究をしておくといいでしょう。
それでも急で何も調べる余裕もない時には、比較サイトのようなものもあるのでそれだけでも確認するようにして、少しでも多くの借金を抱えないようにすることが望ましいのです。

business graph

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る