アコム審査申し込みの要点解説【即日融資や土日融資・在籍確認etc】

普段の生活の中で、急にお金が必要になった経験はありませんか?

「友達との飲み会で、あと1万円あれば行けるんだけど…。」
「急に虫歯が痛みだして、給料日前だけどどうしても治療費が必要。」

など、高額なお金は必要なくても『小額だけどなんとかしたい!』という場面は、よくあるのではないでしょうか?

そんな時に利用したいのが、カードローンです。

カードローンではスピーディーな審査を行なっているところが多く、業者によっては1万円など小額でも借入が可能です。
申し込みから最短即日融資が可能な業者も多数あります。
今回は数あるカードローン会社の中から、審査回答が最短30分で得られるアコムを紹介します。

【アコム申込みはこちら】

アコムに申し込みできるのはどんな人?

アコムの公式サイトには、貸付け条件として下記の内容が明記されています。

『20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方』(https://www.acom.co.jp/lineup/cardloan/conditions/)

一般的なカードローン会社の場合、年齢上限を定めている業者が多い中で、アコムは、年齢の上限を定めていないのが特徴です。

【アコム申込みはこちら】

申し込み可能な最低年齢が決まっているのはナゼ?

アコムだけではなく多くの消費者金融系カードローン会社では、申し込み可能な年齢に20歳以上と定めている業者がほとんどです。

しかし実は法律上、借入可能な年齢は18歳からとなっており、クレジットカード会社などでは入会条件を『高校生以外の18歳以上の方』としているところも多くあります。

ただし、多くのカードローン会社が申込可能年齢を20歳以上に設定しているのには、『未成年が、保護者や法定代理人を通さずに行なった法律行為や契約は保護者の(法定代理人)の意思で無効とすることが可能である。』と、民法で定めていることが理由となっています。

このような民法の取り決めによって、高校生を除く18歳以上に法律上お金を貸すことができても、カードローン会社側から見れば、未成年者への貸付けは借金を踏み倒されるリスクが高まります。
そのため、多くのカードローン会社では、申込可能年齢を20歳以上としています。

収入がどれくらいあれば申込ができるの?

アコムでは申込の条件に、最低年収を明記していません。
ただし、『安定した収入と返済能力を有する方』という記載がありますので、年収の金額に関係なく、収入が安定していれば申込は可能となります。

たとえば

『勤務年数5年で毎月必ず10万円の給与が入ってくる方』は『安定した収入がある』と判断されますし、
『初月に100万円の収入があっても、後の12ヶ月は全く収入がない事業を始めたばかりの方』の場合には、『安定した収入がある』とは判断されにくくなります。

そのためたとえ収入が少なくても、毎月コンスタントに入ってくるのであれば、パートやアルバイトであっても申込が可能となります。

ただし高額融資は期待できない

収入が低くても、毎月の収入が安定していればアコムでは申込OKとしていますが、申込の後には必ず契約のための審査が行なわれます。

そして審査に無事通過できた場合でも、借入限度額は必ず年収の3分の1以下で設定されます。

これはアコムをはじめとする、消費者金融系カードローン会社などが対象となっている『総量規制』という規制があるためです。

総量規制は、利用者と貸金業者との間の過剰な貸し借りを防止するための規制で、利用者の年収の3分の1を超えて貸付けを行なうことができません。

そのため、年収が300万円の人であれば限度額は100万円以下となります。

また、この年収の3分の1以下という規定は、総量規制の対象となっている貸金業者全体での借入金額と定められています。

よって、年収300万円の人がA社ですでに50万円を借りている場合には、新たにB社に申し込みをしても限度額は50万円以下に設定されます。

そのため、消費者金融で高額融資を期待しても、年収の3分の1を超えて限度額が与えられることはありません。

申し込みができる職業の条件はある?

アコムでは、申し込みができる職業の詳細を定めていません。
そのため安定した収入があり返済能力のある方であれば、誰でも申し込みが可能となっています。

正社員以外の非正規雇用者は申し込みできる?
正社員以外の契約社員・派遣社員・パート・アルバイトなどの方でも、年齢の条件を満たし、安定した収入があれば申し込みが可能です。

学生や専業主婦の申し込みは?
学生や主婦の方でもアルバイトやパートをしていて、小額でも安定した収入のある方であれば、年齢が20歳以上なら申し込みは可能です。

ただし、全く収入のない学生や専業主婦の場合は、アコムの定める『安定した収入』という条件を満たせませんので、審査に通るかは厳しいでしょう。

もし、どうしても自分の名義でお金を借りたい場合には、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも借入が可能な銀行カードローンへの申し込みをおすすめします。

外国籍でも申し込みはできる?
外国籍の方でも、年齢や収入の条件を満たしていれば申し込みできる可能性があります。
ただし、外国籍の方の場合には下記の追加条件があります。

・永住権を持っている方
・日本語(漢字・ひらがな・カタカナ)の読み書きに問題がない方
・在留カードが提出できる方。

身分証明書類の提出時に『在留カード』が必ず必要になります。

申し込みに必要な書類

アコムでの申し込みには、いくつかの書類が必要になります。
申し込み契約時にあわてないためにも、事前にしっかり準備しておきましょう。

運転免許証
アコムでは、基本的に本人確認書類として運転免許証の提出を求められます。
ただし、免許証を持っていない方の場合、個人カードや健康保険証などの提出が求められます。

顔写真のない本人確認書類の場合は、別書類も必要
健康保険証などの顔写真のない本人確認書類を提出する場合や運転免許証に記載されている住所が現住所と違う場合などには、本人確認書類の他に、下記の書類が必要になります。

・住民票
・公共料金の領収書(電気・ガス・水道・固定電話・NHKのいずれか)
・納税証明書

いずれも発行日、または領収日より6ヶ月以内のものに限ります。

場合によっては収入証明書類も必要
基本的には運転免許証があれば、申し込みから契約手続きまでが行なえますが、下記の条件に該当する方は、本人確認書類の他に収入証明書類が必要になります。

・限度額50万円以上で契約を行なう方
・他社を含めた借入金額が100万円を超える方

上記に該当する方は必ず手続きを行なう時に手元に収入証明書類を用意しておいてください。
アコムが収入証明書類として認めているものには、下記のようなものがあります。

・源泉徴収票(最新のもの)
・給与明細書(直近1ヶ月のもの)
・市民税・県民税決定通知書(最新年度版)
・所得証明書(最新年度版)

申し込みはできても審査に通過できない場合もある

ここまで申し込み条件や必要書類について説明をしてきましたが、申し込み条件を満たしていればアコムと必ず契約ができるわけではありません。

申し込みが完了すると、アコムによる本審査が必ず行なわれます。

そして申し込み条件は満たしているはずなのに、審査で落とされてしまい融資を受けられないということもあります。

アコムでは、貸付け条件に『当社基準を満たす方』と明記していますが、このアコムの基準というのは、公表されていません。
そのため、もちろん審査落ちの理由に関しても公表していません。

しかしネット上の情報などから、審査落ちしてしまった人の傾向を把握することは可能です。

ここでは、アコムの審査に落ちてしまった方の傾向と特徴から、審査落ちのおもな原因を紹介していきます。

【アコム申込みはこちら】

アコムの審査に落ちてしまう原因

ここでは、アコムの審査に落ちてしまった方の特徴をまとめてみました。
アコムのおもな審査落ちの原因には、下記のようなものがあります。

・過去の信用情報にキズがついている
・年収が極端に少ない
・勤続年数が短い
・複数の会社から借入をしている
・他社で高額の借入をしている
・在籍確認がとれなかった

それでは、1つずつみていきましょう。

過去の信用情報にキズがついている

アコムでは審査を行なう時に、申込者が申告した申告内容に加えて、申込者の個人信用情報を確認します。
個人信用情報とは、申込者個人のお金の貸し借りが記録されている履歴のようなもので、貸金業や銀行との取引が記録されています。

たとえば、携帯電話の分割払いやクレジットカード取引、車のローンなどに関して、過去に利用したお金の貸し借りが履歴として残っています。

この記録は、信用情報機関の会員となっている金融機関が共通して観覧できるデータとなっており、過去に滞納などの返済トラブルを起こしていれば、その情報を隠すことはできません。

特に、およそ2ヶ月以上の滞納を起こしている場合などは「信用事故」として信用情報に記録され、通称「ブラックリスト入り」になります。
「信用事故」は内容によって5〜10年ほど記録が残り、その間はほとんどのローン契約やクレジットカードへの入会ができなくなります。

また、信用事故までいかずとも、数日程度の返済遅延を起こしていた場合にも、マイナスの評価は少なからず付くことになります。

年収が極端に少ない

アルバイトやパートの方でも申し込み可能なアコムですが、年収によって審査落ちとなる場合があります。
基本的には月々の給料が少額であっても安定していればOKとされていますが、およその目安として年収が100万円以下になると『返済能力』を不安視されるため、審査通過が厳しくなります。

勤続年数が短い

年収と同じくらい重要視されているのが、勤続年数です。『勤続年数が長い=収入が安定している』という判断になります。
そのため、働き始めて1ヶ月目などの場合には『収入が安定している』とは判断されにくく審査落ちしてしまう可能性があります。

複数の会社から借入を行なっている

複数の会社から借入を行なっている方も、審査落ちの可能性があります。
これは、申し込み内容の収入の項目でも述べた、総量規制という規制が関係しています。

アコムは総量規制の対象となる業者ですので、他社との総額で利用者の年収の3分の1までしか貸付けを行なうことができません。
そのため、複数の業者から借入をしている場合には、総量規制で定められた金額を超えてしまう恐れがあるため、審査落ちする可能性があります。

また、総量規制の金額を超える恐れがなくても、『複数社でお金を借りている=お金に困っている』と判断されることから、返済能力不振により審査落ちする場合もあります。

他社で高額の借入をしている

アコム以外で借入を行なっている会社が1社の場合でも、現在進行形で高額の借入を行なっている場合には審査落ちしてしまう可能性があります。

複数の会社で借入を行なっている場合と同様に、総量規制で規制されている金額を超えてしまう恐れがあるためです。

また返済能力にも不安があるため、審査落ちとなる場合があります。

在籍確認がとれなかった

アコムでは審査の最終段階で、申込者が申告した勤務先電話番号に電話をかけて、本当に申告した勤務先で働いているかを確認する、在籍確認を行なっています。

在籍確認は本人が職場に不在の場合でも基本的には大丈夫ですが、個人名で電話をかけてくるので「〇〇(個人名)と申しますが××(申込者名)はいますか?」とかかってきた電話に、職場の方が「プライベートな電話には答えられない」「そんな人はウチの会社にはいない」などと答えてしまうと、在籍が確認できずに審査落ちする可能性があります。

【アコム申込みはこちら】

アコムの審査に通過するためのポイント

アコムの審査にスムーズに通過するために、下記のポイントをしっかりおさえておきましょう。

・信用情報は磨いておく
・現在他社での借入がある場合にはなるべく完済しておく
・年収はできるだけ100万円以上にしておく
・職場の同僚に在籍確認の根回しをしておく

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

信用情報は磨いておく

過去に滞納などの返済遅れの記録があればあるほど、アコムの審査ではマイナス評価になります。
そのため、現在進行形で他社での借入金がある方は、信用情報にキズがつかないように、返済期日を守ってしっかりと返済を行なっていくことが大切です。
最低返済額だけでも期日を守って返済すれば、信用情報にキズがつくことはありませんので、小額でも必ず期日までに返済を行なうようにしましょう。

現在他社借入がある場合にはなるべく完済しておく

アコムで申し込みをした段階で、他社での高額な借入金額がある場合や複数社での借入がある場合には、総量規制や返済能力不安という観点から、審査落ちとなる可能性があります。
そのためアコムで申し込みをする前に、返済できるものはできるだけ返済し、借入残高の総額を限りなく0に近づけておくことも大切です。

年収はできるだけ100万円以上にしておく

アコムでは『安定した収入のある方』が貸付条件の1つとなっていますが、目安として年収が100万円をきる場合には、返済能力に不安があると判断される可能性があります。

勤続年数など、他の項目でカバーできる部分があれば審査通過の可能性もありますが、年収はなるべく100万円以上にしておいた方が審査でも有利に働きます。

また、総量規制によって借入可能額は年収の3分1までとなっていますので、申告する年収が高額であればあるほど、高額の借入限度額が期待できます。ただし申告時に嘘を書くのは禁物です。

職場の同僚に在籍確認の根回しをしておく

信用情報や個人の申告内容に問題がなく、審査の最終段階である在籍確認までいったのに、職場の電話対応者の回答次第で、アコムの審査に落ちてしまうという可能性は多いにあります。

職場に個人名でいきなり電話がかかってきても場合によっては怪しまれてしまうことがあるため、職場で在籍確認の電話にでる可能性のある人たちには前もって在籍確認の電話が来ることを伝えておくことが大切です。

たとえ申込者本人が不在でも「××(申込者の名前)は外出中です。」とか「××は、ただ今席を外しています。」などと答えてもらえれば、在籍が確認できたという判断になり、在籍確認が完了となります。

在籍確認の電話がくるということを職場の人々に伝える時には、「クレジットカードに入会したから」などと一緒に伝えておくと、カードローンの利用を怪しまれることなく、スムーズに対応してもらいやすくなります。

在籍確認がどうしてもイヤという方は相談が可能な場合も!?

『どうしても職場へ在籍確認の電話をしてほしくない』という方であれば、アコムの場合『社会保険証』と『運転免許証』の提出が可能な方に限り、書類などの方法での在籍確認に変えてもらう相談をすることができます。
ただし、申込者本人の状況などによっても対応できるかどうかが変わりますので、どうしても電話をしてほしくないという方は、アコムのコールセンターへ相談してみることをおすすめします。

アコムの申し込みから融資までの流れ

審査通過のポイントが分かったところで、実際のアコムの申し込みから融資までの流れについて説明していきます。

審査通過できるか心配…そんな方はまずは『3秒診断』がオススメ!

申し込み条件はギリギリ満たしているけど、審査通過できるかどうか心配な方も多いのではないでしょうか?
そんな方には、申し込みの前にアコム公式サイトにある『3秒診断』にチャレンジしてみることをおすすめします。

年齢・年収・現在の他社での借入総額を入力するだけで、借入可能かどうかがすぐに分かります。

本審査前のおおよその目安になりますので、審査通過できるかどうか心配な方は一度試してみることをおすすめします。

ただし、3秒診断で審査通過可能となっても、申告内容によっては審査落ちになる可能性があるため注意が必要です。

申し込み方法は全部で5つ

アコムの申し込みは、下記の4つの方法から好きなものを選んで行ないます。

・インターネットからの申し込み
・店頭窓口、無人契約機「むじんくん」での申し込み
・電話での申し込み
・郵送での申し込み

それでは、1つずつ見ていきましょう。

インターネットからの申し込み
スマホやパソコンなどを利用して、アコムの公式サイトから申し込みを行なう方法です。
基本的に24時間受付が可能となっており(ただし申し込み時間帯によっては、審査が翌日に持ち越しとなる場合もあります。)、ローンカードの郵送を希望すれば、来店不要で融資までが可能になります。
画像データのアップロードなどにより、必要書類の提出が可能です。

店頭窓口、無人契約機「むじんくん」での申し込み
アコムの店舗窓口や無人契約機「むじんくん」で申し込みを行なう方法です。
審査通過となれば、その場でローンカードを発行してもらえますので、即日融資を受けることができます。
ただし、店頭窓口は平日9:30〜18:00まで(土日祝日休み)、無人契約機「むじんくん」は8:00〜22:00まで年中無休(年末年始を除く)となっていますので、申し込みの時間帯に注意してください。
必ず必要書類を持参してください。

電話での申し込み
アコムのコールセンターに電話をかけてオペレーターの案内に従って申し込みをする方法です。
こちらも24時間申し込みが可能となっています。(ただし申し込み時間帯によっては審査が翌日に持ち越しとなる場合もあります。)
郵送またはFAXなどで必要書類を提出します。

郵送での申し込み
アコムのコールセンターに電話をして、申込書類を郵送してもらい、書類に必要事項を記入して返送する方法です。
必要書類と共に申し込み用紙を返送します。

申し込み完了後に審査結果の通知がくる

申し込みが完了すると、審査結果の通知がきます。
申し込み方法に合わせて電話やメールなどで連絡が来ます。
無事に審査通過となったら本契約へ進みます。

本契約・借入方法に合わせて手続きを行なう

無事に審査通過となったら、本契約として最後に借入方法の手続きを行ないます。
借入を行なうためには、下記のような方法を選ぶことができます。

ローンカードを郵送してもらう
ATMからのキャッシングを行なうためには、アコムのローン専用のカードが必要になります。
そのため、希望によりローンカードを自宅に郵送してもらうことが可能です。
ただし郵送を選んだ場合には、カードが自宅に届くまでに数日かかり、カードでの即日融資はできません。
また郵送物が自宅に届くため、カードローンの利用が家族や同居人にバレる可能性もあります。

店舗や無人契約機でローンカードを受取る
ローンカードを、アコムの店舗窓口や無人契約機にて直接受取る方法です。
来店する手間はありますが、郵送物が自宅に届くことはないので家族バレの心配がなく、一度受取ってしまえば即日から融資を受けることが可能になります。

振込で融資を受ける
アコムでは、銀行振込による融資を希望することも可能です。
ただし、登録する銀行によって即日融資に対応している時間帯などに多少の違いがありますので、事前にしっかり確認しておくことが大切です。

知っておくと便利!アコムの裏ワザ

一番早く融資が受けられる方法はどれ?
「とにかく一刻も早く融資を受けたい!」という方は、下記の手順で手続きを行なうのがオススメです。

1.スマホやパソコンから申し込みを行なう
2.アコムのコールセンターへ電話をして、審査結果を急いでいることを伝える。
(審査を優先してもらえる可能性がある)
3.無人契約機へ向かう
4.審査結果の通知がきたら、無人契約機にてローンカードを受取る
5.近くのATMからキャッシングを行なう

この方法が一番スピーディーに融資を受ける方法になりますが、無人契約機の営業時間帯によって審査結果が翌日に持ち越されてしまう可能性がありますので、遅くても19時には申し込みを始めることをおすすめします。

【アコム申込みはこちら】

土日に即日融資を受ける方法
アコムでは、土日祝日(年末年始を除く)も審査を行なっており、最短即日融資が可能となっています。
ただし、土日祝日の審査でも基本的に在籍確認として職場への電話連絡を行なっていますので、職場が土日祝日休みで在籍確認がとれない場合には、職場の翌営業日まで審査が持ち越しとなってしまう可能性があります。

しかし、アコムでは状況によって書類での在籍確認も可能となっていますので、『運転免許証』と『社会保険証』がある方は、電話での在籍確認なしで即日融資に対応してもらえる可能性がありますので、オペーレーターに相談してみることをおすすめします。

アコムで新規契約すると無利息サービスも受けられる!

アコムでは、下記の条件を満たしている方を対象に『30日間金利0円サービス』を行なっています。

・新規契約者であること
・返済期間「35日ごと」を契約している方

契約日の翌日から30日間は無利息期間となりますので、契約日翌日に融資を受け30日以内に返済してしまえば、利息が全くかかりません。
そのため少しだけお金を借りて、すぐに返済したいという方にもおすすめのカードローンです。

まとめ

今回は、アコムの審査申し込み方法や融資までの流れについて詳しく説明してきました。
アコムは口コミなどで『オペレーターの対応が優しい』『無利息期間があるので、利息を節約できる』などの評価のあるカードローン会社です。

この記事で紹介したような申し込み方法や裏ワザを利用することで、よりお得にスピーディーに融資までの手続きができます。

『とにかくすぐに借入したい!』という方は、スピーディーに借入可能なアコムのカードローンを利用してみることをおすすめします。

【アコム申込みはこちら】

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る