【リボ払い借り換え】高額(100万円以上)で返済できない時はオリックス銀行カードローンへ

毎月の返済額が決まっている上、いくら使っても返済額は増えることがない。

確かにこのリボ払いは支払う側にとってはある種大きなメリットをもつ支払い方法と言えるでしょう。

しかし、そのメリットとは裏腹に大きなデメリットがあるのも確かです。

「リボ払いは損をする」とか「使いすぎると大変なことになる」というイメージを持っている方も少なくありませんが、使いやすさに負けて知らない間に利用限度額いっぱいまで使ってしまったという人は少なくありません。

リボ払いは毎月の返済額を抑えられるというメリットはありますが、決して安くはない手数料と称した利息支払いが発生するというデメリットがあります。

よって、そのことを知らずにリボ払いを利用し続けていると、とんでもない手数料支払いを強いられ、いつまで経っても返済が終わらないという方も多いのです。

そこで今回はリボ払いについてシッカリと解説し、もしもの為の返済方法の1つであるオリックス銀行カードローンの利用方法を紹介していくことにしましょう。

【公式サイトはこちら】

リボ払いってどんな支払い方法なの?

それではまずリボ払いがよく理解できていない方のために、この支払い方法について説明していくことにしましょう。

中にはリボ払いを分割払いの一種のように思っている方もいるようですが、リボ払いと分割払いは全く違います。

リボ払いを分割払いの延長と考えてる方が多いことが簡単にリボ払いを利用してしまう1つの原因とも言えるのですが、この2つは全く違うということをよく理解しておかなければ、返済に窮する羽目にもなりかねないのです。

この点をよく踏まえてリボ払いという支払い方法について見ていくことにしましょう。

リボ払いの返済額はこうして決まる!

リボ払いの返済額には利息が発生することは誰もが理解していることでしょう。

リボ払いでは利息は手数料と呼ばれ、借入残高に対して手数料率に応じた支払いが発生します。

よって、毎月の返済額は下記の通りとなります。

毎月の返済額 + 手数料

毎月の返済額を5,000円に設定しておけば、「5,000円 + 手数料」を毎月返済していくことになるわけです。

そしてここで問題となってくるのが返済回数手数料率

リボ払いは利用額にかかわらず毎月無理なく返済できるのが一番のメリットですが、毎月の返済額が少なければ少ないほど返済回数は増え、支払う手数料額は大きくなるというデメリットも存在します。

しかもリボ払いの手数料率は決して低くない15.0%が一般的ですから、高額利用ともなれば支払うこととなる手数料額は無視することのできない金額となってきます。

それでは実際にJCBが提供している「ショッピングリボ払いのシミュレーション」を使って、20万円を毎月5,000円返済した際のシミュレーションを見てみましょう。

支払い回数 返済元金 手数料 総返済額 返済後残高
1 ¥5,000 ¥2,158 ¥7,158 ¥195,000
2 ¥5,000 ¥2,428 ¥7,428 ¥190,000
3 ¥5,000 ¥2,444 ¥7,444 ¥185,000
4 ¥5,000 ¥2,380 ¥7,380 ¥180,000
5 ¥5,000 ¥2,091 ¥7,091 ¥175,000
6 ¥5,000 ¥2,251 ¥7,251 ¥170,000
7 ¥5,000 ¥2,116 ¥7,116 ¥165,000
8 ¥5,000 ¥2,123 ¥7,123 ¥160,000
9 ¥5,000 ¥1,992 ¥6,992 ¥155,000
10 ¥5,000 ¥1,994 ¥6,994 ¥150,000
11 ¥5,000 ¥1,930 ¥6,930 ¥145,000
12 ¥5,000 ¥1,805 ¥6,805 ¥140,000
13 ¥5,000 ¥1,801 ¥6,801 ¥135,000
14 ¥5,000 ¥1,681 ¥6,681 ¥130,000
15 ¥5,000 ¥1,672 ¥6,672 ¥125,000
16 ¥5,000 ¥1,608 ¥6,608 ¥120,000
17 ¥5,000 ¥1,394 ¥6,394 ¥115,000
18 ¥5,000 ¥1,479 ¥6,479 ¥110,000
19 ¥5,000 ¥1,369 ¥6,369 ¥105,000
20 ¥5,000 ¥1,351 ¥6,351 ¥100,000
21 ¥5,000 ¥1,245 ¥6,245 ¥95,000
22 ¥5,000 ¥1,222 ¥6,222 ¥90,000
23 ¥5,000 ¥1,158 ¥6,158 ¥85,000
24 ¥5,000 ¥1,058 ¥6,058 ¥80,000
25 ¥5,000 ¥1,029 ¥6,029 ¥75,000
26 ¥5,000 ¥933 ¥5,933 ¥70,000
27 ¥5,000 ¥900 ¥5,900 ¥65,000
28 ¥5,000 ¥836 ¥5,836 ¥60,000
29 ¥5,000 ¥722 ¥5,722 ¥55,000
30 ¥5,000 ¥707 ¥5,707 ¥50,000
31 ¥5,000 ¥622 ¥5,622 ¥45,000
32 ¥5,000 ¥579 ¥5,579 ¥40,000
33 ¥5,000 ¥498 ¥5,498 ¥35,000
34 ¥5,000 ¥450 ¥5,450 ¥30,000
35 ¥5,000 ¥386 ¥5,386 ¥25,000
36 ¥5,000 ¥311 ¥5,311 ¥20,000
37 ¥5,000 ¥257 ¥5,257 ¥15,000
38 ¥5,000 ¥186 ¥5,186 ¥10,000
39 ¥5,000 ¥128 ¥5,128 ¥5,000
40 ¥5,000 ¥64 ¥5,064 ¥0
¥200,000 ¥51,358 ¥251,358

*手数料率15.0%で計算

 

毎月5,000円のリボ払いに設定した場合、20万円に対してかかる総手数料は51,358円。

なんと元金に対して4分の1以上もの手数料が発生しています。

確かに毎月の返済額は負担となるような金額ではありませんが返済回数は40回、しかも手数料が高額となれば手放しでリボ払いを肯定することはできませんよね。

 

高額なリボ払いは借り換えを検討するに限る!

リボ払いは手数料が高額になることはお分かりいただけたかと思いますが、リボ払いの利便性は無視できず、ついつい買い物しすぎてしまうという方も少なくありません。

事実、ショッピング枠いっぱいまで使ってしまい、2枚目、3枚目のクレジットカードを契約する方は多いのです。

そうなるといくら定額支払いだといっても、毎月の支払いは高くなってしまいますし、支払う手数料額も無視できない金額になってしまうのです。

先程は20万円でシミュレーションしましたが、今度は少し増やして下記の条件で計算してみましょう。

・利用金額50万円
・返済金額1万円
支払い回数 返済元金 手数料 総返済額 返済後残高
1 ¥10,000 ¥5,395 ¥15,395 ¥490,000
2 ¥10,000 ¥6,101 ¥16,101 ¥480,000
3 ¥10,000 ¥6,176 ¥16,176 ¥470,000
4 ¥10,000 ¥6,047 ¥16,047 ¥460,000
5 ¥10,000 ¥5,346 ¥15,346 ¥450,000
6 ¥10,000 ¥5,790 ¥15,790 ¥440,000
7 ¥10,000 ¥5,478 ¥15,478 ¥430,000
8 ¥10,000 ¥5,532 ¥15,532 ¥420,000
9 ¥10,000 ¥5,229 ¥15,229 ¥410,000
10 ¥10,000 ¥5,275 ¥15,275 ¥400,000
11 ¥10,000 ¥5,146 ¥15,146 ¥390,000
12 ¥10,000 ¥4,856 ¥14,856 ¥380,000
13 ¥10,000 ¥4,889 ¥14,889 ¥370,000
14 ¥10,000 ¥4,607 ¥14,607 ¥360,000
15 ¥10,000 ¥4,632 ¥14,632 ¥350,000
16 ¥10,000 ¥4,503 ¥14,503 ¥340,000
17 ¥10,000 ¥3,951 ¥13,951 ¥330,000
18 ¥10,000 ¥4,246 ¥14,246 ¥320,000
19 ¥10,000 ¥3,984 ¥13,984 ¥310,000
20 ¥10,000 ¥3,988 ¥13,988 ¥300,000
21 ¥10,000 ¥3,735 ¥13,735 ¥290,000
22 ¥10,000 ¥3,731 ¥13,731 ¥280,000
23 ¥10,000 ¥3,602 ¥13,602 ¥270,000
24 ¥10,000 ¥3,362 ¥13,362 ¥260,000
25 ¥10,000 ¥3,345 ¥13,345 ¥250,000
26 ¥10,000 ¥3,113 ¥13,113 ¥240,000
27 ¥10,000 ¥3,088 ¥13,088 ¥230,000
28 ¥10,000 ¥2,959 ¥12,959 ¥220,000
29 ¥10,000 ¥2,648 ¥12,648 ¥210,000
30 ¥10,000 ¥2,702 ¥12,702 ¥200,000
31 ¥10,000 ¥2,490 ¥12,490 ¥190,000
32 ¥10,000 ¥2,444 ¥12,444 ¥180,000
33 ¥10,000 ¥2,241 ¥12,241 ¥170,000
34 ¥10,000 ¥2,187 ¥12,187 ¥160,000
35 ¥10,000 ¥2,058 ¥12,058 ¥150,000
36 ¥10,000 ¥1,867 ¥11,867 ¥140,000
37 ¥10,000 ¥1,801 ¥11,801 ¥130,000
38 ¥10,000 ¥1,618 ¥11,618 ¥120,000
39 ¥10,000 ¥1,544 ¥11,544 ¥110,000
40 ¥10,000 ¥1,415 ¥11,415 ¥100,000
41 ¥10,000 ¥1,162 ¥11,162 ¥90,000
42 ¥10,000 ¥1,158 ¥11,158 ¥80,000
43 ¥10,000 ¥996 ¥10,996 ¥70,000
44 ¥10,000 ¥900 ¥10,900 ¥60,000
45 ¥10,000 ¥747 ¥10,747 ¥50,000
46 ¥10,000 ¥643 ¥10,643 ¥40,000
47 ¥10,000 ¥514 ¥10,514 ¥30,000
48 ¥10,000 ¥373 ¥10,373 ¥20,000
49 ¥10,000 ¥257 ¥10,257 ¥10,000
50 ¥10,000 ¥124 ¥10,124 ¥100,000
¥500,000 ¥159,995 ¥659,995

 

50万円をこの条件でリボ払いすると手数料が約16万円となり、返済回数も先程よりも増えて50回になります。

支払い始めの頃は手数料を含めると約1.5万円ですが、これくらいの金額ならばまだ返済に困ることはないでしょう。

しかし、クレジットカードを増やして利用額がこの2倍、3倍となったらどうでしょう。

下記のように決して返済に困らないという額ではなくなりますよね。

・利用額100万円
手数料総額約32万円、初回支払額約3万円
・利用額150万円
手数料総額約48万円、初回支払額約4.5万円

また返済額に困らないという方でも、この高額な手数料は無視することはできないでしょう。

リボ払いの場合、毎月の支払い額ばかりに目が行き、この高額な手数料発生に気が付いていない方が多いのが実情です。

ですが、はっきり言ってこの手数料は高すぎます。

手数料が高いのは別に気にならないなんて方はきっといないことでしょう。

現在はマイナス金利の政策の影響もあって、普通預金で得られる金利は0.001%が一般的となっており、普通預金よりも高金利がウリの定期預金でも0.02%がいいところです。

となればこの金利の15000倍もの高金利となるリボ払いの手数料が、いかに高額であるかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

そこで、リボ払いで高額利用をしている方におススメしたいのが低金利への借り換えです。

15.0%よりも低金利でリボ払い残金を借り換えることで毎月支払う手数料を減額でき、条件次第では支払う手数料額を大きく減額することも可能となってきます。

 

オリックス銀行カードローンなら100万円以上で低金利設定も可能!

借り換え方法は様々ありますが、一番手間なく、簡単な手続きで借換えできるのがカードローンです。

消費者金融カードローンの場合は高金利となっているので、やはり選ぶとなれば低金利がウリで高額借入も可能な銀行カードローンがおススメでしょう。

そこで今回紹介したいのは、銀行カードローンの1つであるオリックス銀行カードローンです。

 

オリックス銀行カードローンは高額借入なら低金利!

オリックス銀行カードローンは金利が1.7%~17.8%と下限金利は低く設定されていますが、上限金利は消費者金融カードローン並みの金利設定となっています。

しかし、オリックス銀行カードローンは借入限度額の設定によって、適用金利が大きく変わってくるのです。

・100万円未満        12.0%~17.8%
・100万円以上~150万円以下 6.0%~14.8%
・150万円超~300万円以下  5.0%~12.8%
・300万円超~500万円以下  4.5%~8.8%
・500万円超~700万円以下  3.5%~5.8%
・700万円超~800万円以下  1.7%~4.8%

100万円未満の借り入れはさほどメリットのある借り換えとななりませんが、100万円を超えると大幅に支払いを減額できる可能性がありますし、150万円となれば確実に支払いを減額することができます。

適用金利はそれぞれ6.0%~14.8%、5.0%~12.8%と開きがあり、どの金利が適用されるかは審査結果次第となりますが、審査結果さえよければ100万円でもリボ払いの15.0%よりもかなり低い一桁台の金利が適用される可能性も無きにしも非ずなのです。

 

オリックス銀行カードローンなら毎月の返済も減額可能!

また先程のシュミレーション結果でも申しましたが、複数のリボ払いとなれば毎月の返済額もバカにはなりません。

単純計算ではありますが、50万円で約1.5万円、100万円なら約3万円、150万円なら約4.5万円と下手をすれば家計を切迫する支払いとなる可能性もあるのです。

しかしオリックス銀行カードローンなら下記のように、毎月の支払いを減額することも可能となってきます。

・100万円以上~150万円以下 3万円
・150万円超~200万円以下  3.5万円
・200万円超~250万円以下  4万円
・250万円超~300万円以下  4.5万円
・300万円超~400万円以下  5万円
・400万円超~500万円以下  6万円
・500万円超~600万円以下  7万円
・600万円超~        8万円

150万円の借り入れでも毎月の返済額は3万円ですから、確実に支払いの減額が可能になります。

その上、総支払額も減額できるのですから、オリックス銀行カードローンで借り換えするメリットは十分にあると言えるでしょう。

 

オリックス銀行カードローンの審査は?

オリックス銀行カードローンで借り換えをすれば十分なメリットが生まれることはご理解いただけたでしょうが、借り換えをするにはまず審査を通過する必要があります。

そこでオリックス銀行カードローン審査の難易度について検証していきましょう。

 

高額借入の場合、オリックス銀行カードローン審査は厳しくなる・・・

銀行カードローンの審査は下記のように保証会社によって行われるのが一般的です。

三菱東京UFJ銀行バンクイック アコム株式会社
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)
りそな銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社
セブン銀行カードローン アコム株式会社
じぶん銀行カードローン アコム株式会社

この点はオリックス銀行カードローンも同様ですが、実は同行にはほかの銀行カードローンとは違う大きな点があります。

それは通常1社の保証会社がオリックス銀行カードローンの場合、下記のように2社もあるのです。

・オリックス・クレジット株式会社
・新生フィナンシャル株式会社

オリックス銀行カードローンの審査は甘いという口コミもあれば、厳しいという口コミもあり、サイト上では賛否両論なのが実情です。

それでは何故こうも意見が割れてしまうのか、それは保証会社が2つあることが大きく影響しています。

 

1.保証会社によって審査難易度が違ってくる!

オリックス銀行カードローンではこの2つの保証会社が審査を行うことになるのですが、実は申込者の属性評価や借入額によって、下記のように審査担当が違ってきます。

 

・オリックス・クレジット株式会社
属性評価が良く、希望借入額が高額な申込者

・新生フィナンシャル株式会社
属性評価が平均以下で、高額な希望限度額ができない申込者

 

つまり、オリックス・クレジット株式会社が審査担当となった場合新生フィナンシャル株式会社が審査担当となった場合とでは審査の印象が変わってくるのです。

オリックス銀行カードローンの上限金利は17.8%と消費者金融カードローンと変わりない高金利設定ですが、審査難易度を計る際に1つの基準となるのがこの金利設定。

実は金利設定が高いほど審査難易度は低いと判断できます。

これは利用者が返済不能となるケースを想定して、金利穴埋めをするために高金利設定にしているからです。

保証会社の1つの新生フィナンシャル株式会社は新生銀行カードローンレイクの保証会社で、下記のように業界でも高い審査通過率を誇ります。

1位 アコム48.2%
2位 アイフル46.8%
3位 プロミス43.3%
4位 新生銀行カードローンレイク37.4%

*2016年度審査通過率順位

 

よって審査担当が新生フィナンシャル株式会社になれば審査通過の可能性も高くなってくるという見方も可能でしょう。

しかし、先程説明したようにオリックス銀行カードローンの金利は100万円を超えるとガラッと低金利設定となります。

この低金利適用となる場合には借入額も高額となるため、審査はもう一方のオリックス・クレジット株式会社が担当するのではと見られます。

この場合は先ほどとは審査体制も異なるため、申込者によっては厳しいと感じることもあるでしょう。

つまり、オリックス銀行カードローンは申込者のタイプや希望によって、審査担当が変わり、審査難易度も違ってくるというわけです。

2.借り換えは審査は厳しいと考えておくべきだが・・・

ということで高額借入となるリボ払いからの借り換えはオリックス・クレジット株式会社が担当する確率が高く、決して甘い審査ではないと考えられます。

しかし、審査が甘くないからといって必ずしも厳しく、通りにくいと考える必要はありません。

審査時に重要視されるのは下記の属性です。

年収 借り換え金額に対して返済できるだけの十分な収入があるか
勤続年数 継続して収入があると認められるだけの勤続年数であるか(最低でも1年以上)
他社借入額 借り換えすれば十分返済できるだけの借入額に収まっているか
他社借入件数 借入可能件数が複数ないか(2社以下が理想)
返済履歴 度重なる遅延や延滞、債務整理など返済能力ナシと判断される事実がないか

要は返済能力と信用度において問題がなければ、審査はスムーズに行われることになります。

返済に見合う収入がなかったり、他社借入額が多かったり、返済に問題がある場合は審査通過は厳しくなってくるでしょうが、そうでなければ自信を持って申し込んでもらってかまいません。

消費者金融カードローンで数十万円の借り入れをするようにはいきませんが、今回説明した内容に問題がなければ気負わず申し込むようにしましょう。

【公式サイトはこちら】

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る